2019/02/18
今日は日差しが暖かくて、窓辺は春のようでした。昨日の「長くつ下のピッピ」の続編 Pippi Goes Aboard (Puffin Books)。出版日を見たら2冊とも1970年代、かなり茶色く変色してしまいました。

2019/02/17
窓辺で多読。原作はスウェーデン語、赤毛でそばかすの女の子の楽しい物語です。Pippi Longstocking (Puffin Books)

2019/02/16
アメリカの児童文学作家、ルイス・サッカーの代表作「穴」。サッカーはこの作品で児童文学賞のニューベリー賞を受賞しています。 HOLES (Random House)

2019/02/15
海外の料理本ってなんでこんなにおしゃれなんだろうって、この本を開くといつも思います。栄養のこともよくわかるし、何といっても写真が素敵すぎ!   energy food (MURDOCH BOOKS)

2019/02/14
忘れんぼのモグラのお話。読むとなんだかほっこりします。 ハートのブックマーカーは多読教室のメンバーの方が折ってくれました。読みかけのページにチョコンと挟んでおくと、とっても可愛い!     Silly Tilly's VALENTINE (Scholastic)

2019/02/13
バレンタインだからというわけではないのですが、食後のケーキ。迷います。どれから食べようかな、ではなくどれにしようかな、をです。4人でプチパーティー!

2019/02/12
こんな本にもチョコレートのことが載っています。最初のチョコは甘くなかったそうです。 Food Around the World (Oxford Read and Discover)

2019/02/11
昨日に続きフェアトレードチョコレート、「オーガニック・ビター」。チョコレート食べすぎ? 本は The Story of Chocolate (Black Cat)

2019/02/10
バレンタインといえばチョコレートですね。ピープルツリーのフェアトレードチョコレート「オーガニック カプチーノ」、そしてFactfilesのレベル2, Chocolate (Oxford)。

2019/02/09
予報通り雪になりましたね。昨日と同じシリーズの絵本、こちらも雪や雪の結晶がキラキラしています。かわいいうさぎの男の子のお話です。 A Long way Home (Little Tiger Press)

さらに表示する